Tシャツが似合う胸板は大胸筋の上部にかかっている!

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

男性ならTシャツがバチッと決まる体に一度は憧れたことがあると思います。
服を着ていても分かる盛り上がった胸板。

これはカッコいいですよね。
そんなカッコいい胸板を作るには、単に胸の筋トレをするだけでは効率が良くありません。

効率の良いカッコいい胸板づくりとは・・・

大胸筋は三つに分けられる

Tシャツが似合う厚い胸板というのは、胸の筋肉である大胸筋の発達によって作られます。
※大胸筋とはこの筋肉のことです⇓

この大胸筋の筋トレをしてれば問題なさそうですが、ここに意外な落とし穴があります。

というのも、大胸筋はその筋繊維の付き方から、解剖学的に鎖骨部・胸肋部・腹部と3つに分けることができます。

簡単に言いますと、大胸筋は上部・中部・下部の3つに分けられるのです。

鎖骨から上腕骨まで伸びているのが上部(鎖骨部)

胸骨から上腕骨まで伸びているのが中部(胸骨部)

肋骨から上腕骨まで伸びているのが下部(肋骨部)

それぞれが同じ大胸筋でありながら、その働きは微妙に違ってきます。
その為トレーニングの方法によっては、上部~下部のそれぞれの部位の発達の度合いが異なってくることがあるのです。

もし、下部ばかり肥大してしまうと、胸が垂れて見えるようになってしまいます。

 

Tシャツが似合うのは上部

Tシャツが似合うのは大胸筋の上部の発達が大きい時です。

これは、少し考えてみればわかります。

例えば大胸筋下部が一番発達しているといわゆる”垂れ乳”になります。
そうなると、Tシャツの盛り上がりは鎖骨から胸の中部までが平坦なります。

そして下部から盛り上がると、下部の発達の方向はやや斜め下なので”垂れ乳”になってしまいます。

またそのような発達は、Tシャツを盛り上げることに欠けますし、服を着てしまうと大胸筋が発達していることが分かりづらくなります。

次に中部はというと・・・
これは下部よりはマシですが、鎖骨との間に距離があるので、Tシャツの膨らみのピークと鎖骨の間が平坦になり、いまいち迫力に欠けます。

悪くはないですがね・・・

では、上部はというと・・・
鎖骨部というだけあって、鎖骨から盛り上がるようにして発達するので、Tシャツが上の方からキレイな曲線を描いて膨らんでくれるので、たくましい胸板に見えます。

つまり、カッコよくTシャツを着たいのなら、大胸筋上部の発達は欠かせません。

 

ただ、上部だけの発達は脱いだら残念・・・

確かに上部がよく発達しているとTシャツはカッコよく着れますが、脱いだら残念・・・ということもあります。
中部~下部がきちんと発達していないと大胸筋全体の厚みがないので、迫力が出ないのです。

実は、大胸筋上部は大きく発達をしたとしても、大胸筋全体の厚みにはなかなか繋がりません。

それも当然で、上部は中部と下部に比べて筋繊維の量自体が少ないのです。
筋繊維の量が少なければ、頑張って発達させたとしても限界があります。

ですので・・・
上部の筋肥大を十分に起こして厚みを作り、中部と下部の筋肥大もバランスよく起こすことがおススメです。

そうすることで、たとえTシャツを脱いだとしても鎖骨からしっかり盛り上がり、そして全体的に分厚くかっこいい胸板を作ることができます。

その辺もしっかり考えてボディメイクをしていきたいですね。

 

大胸筋上部の筋トレ種目

それでは、大胸筋の上部を刺激するための種目を紹介します。
通常の大胸筋のトレーニングに角度をつけることで、大胸筋の上部に刺激を入れることができます。

★インクラインベンチプレス

これは一番メジャーで人気のある種目です。
ベンチの角度を変えることで、大胸筋への刺激の入り方を変えています。

★デクラインプッシュアップ(ななめ腕立て伏せ)

これも腕立て伏せに角度をつけることで大胸筋の上部に刺激を入れています。

★インクラインダンベルフライ

これもダンベルフライに角度をつけることで、上部へ刺激を入れています。

 

優先順位によって種目の順番を決める

もし、あなたが大胸筋上部を一番発達させたいのなら、一番元気でエネルギーが満ちている上体の時に大胸筋上部の種目を持ってきましょう。
つまり、一番始めに行う種目を大胸筋上部の種目するのです。

これが、2種目目3種目にしてしまうと、1種目で疲労している分、十分に上部を追い込めません。

これはどの部位にも言えることです。
自分が最も筋肥大させたい部位から種目の順番を考えていきましょう。

 

胸と胸の間にも気を配れるとベスト!

大胸筋の上部は筋繊維が少ないと言いました。
実はもう一つ少ないというか、薄くなっている部分があります。

それが大胸筋と大胸筋の間。
つまり胸の中央です。

ここの肥大もカッコいい胸板づくりには必要でしょう。

詳しい方法はコチラの記事で解説しています⇓
【胸の中央の厚みを作る方法は本当の方法はコレ】

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

Tシャツの似合う胸板は、大胸筋上部がキーポイントです!
また、他にも背中の筋肉や腕や肩の筋肉が発達していると、よりTシャツをカッコよく着られることができるでしょう。

ボディメイク頑張ってください!

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP