【危険】有酸素運動がダイエットに向かない理由

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、ダイエットする上で良くない結果を招くこともあります。

ダイエット=有酸素運動という認識の人は、これから話すことは驚きがたくさんあると思います。

これを機に、ダイエットのやり方を考えるのも良いと思います。
では、なぜ有酸素運動はダイエットに向かないのか?

それは・・・

そもそも有酸素運動って?

筋トレは無酸素運動です。
それと対極をなす運動がウォーキングなどの有酸素運動です。

有酸素運動と無酸素運動

字だけとらえれば、「有」と「無」なので、
酸素が必要な運動と、そうでない運動と捉えていませんか?

これは間違いです。

どちらかというと、無酸素運動の方が心拍数が上がり、
『はぁーっはぁー』と激しい息切れを起こしやすい性質があり、有酸素運動はその逆で、激しく呼吸が乱れません。

無酸素運動は、筋肉の収縮に爆発的なエネルギーを使います。

しかし、その運動をしたせいで一時的にエネルギー不足に陥ってしまいます。

そのエネルギー不足を回復するために、大量の酸素を使ってエネルギーを作り出す必要があります。
そのため、激しい運動をした後はたくさん酸素を取り入れるために呼吸が荒くなるのです。

よく全力疾走をした後に息切れを起こす現象はまさにこれです。

一方、有酸素運動は、爆発的なエネルギーを必要としません。

主に酸素と脂肪からじっくりとエネルギーを生み出し、それを使って運動をします。
当然、エネルギー不足なんて起こしませんので、一気に大量の酸素が必要になることはありません。

ウォーキングをしていて、息切れして胸が苦しいなんてことが起こらないのはこのためです。

 

有酸素運動のダイエット効果は?

有酸素運動は体脂肪をメインエネルギーに使う運動です。
ちなみに、無酸素運動は糖質がメインになります。

つまり、
有酸素運動には脂肪燃焼効果があります。

『脂肪燃焼効果があるのに、ダイエットに不向きってどういうこと!?』
と思うかもしれません。

それは・・・
そのメリット以上にデメリットが存在するのです。

 

有酸素運動は基礎代謝を下げる

ネットやエクササイズを紹介している本などでは、有酸素運動は基礎代謝を高めると書かれていたり、言われていたりしますが・・・
これらは、本当のことを話していません。

嘘はついていないのですが、
本当のことを話してはいないのです。

有酸素運動で基礎代謝を高められるのは、

・50~60代以上の慢性的な運動不足の人
・仕事は座っていることが多く、運動を何年もしていない人
・大けがや病気をして長期の入院をしていた人

などなど
身体をほとんど動かしていない人です。

そのような人でしたら、有酸素運動でも基礎代謝の向上が見られます。
ですが、
運動を始めて1か月もすればその効果もなくなります。

それは、
運動不足により落ちてしまった筋肉量が、少しだけ回復するだけであって、運動に慣れてしまえばそれ以上は望めません。

では、有酸素運動が基礎代謝を下げてしまう理由を説明します。

 

◆Ⅰ 筋肉が減っていく

有酸素運動は健康には良い運動なのですが、代謝を上げるような筋肉の発達はなく、筋肉量を増やすことができません。

なぜなら、筋肉を発達させて筋肉量を増やすには、強い負荷を筋肉に与えなければいけないからです。

筋肉はかけられた負荷の強さに反応します。
そして、その強さに負けないように筋肉量を増やします。

けれども、有酸素運動では、強い負荷はかかりません。
強い負荷がかからなければ、筋肉を増やす必要がないので、筋肉量は増えないのです。

そればかりか、筋肉量を減らすことにもなりかねません。

人間の体は環境に適応します。
筋肉は動かさなくてもエネルギーを消費しているため、強い力を使わない筋肉は無駄と判断され、分解して少しでも少ないエネルギーで過ごせるように適応します。

身体を動かさない人が、少しずつ全力疾走ができなくなったり、早く走れなくなるのはこのためです。

 

◆Ⅱ 楽して痩せられなくなる

有酸素運動は、身体を省エネ・低燃費にします。
省エネ・低燃費と聞くと良いイメージが湧くと思いますが、ダイエットに関しては天敵です。

低燃費というのは、少ないエネルギーで多く動くことができることを指しますが、ダイエットでは、大きなエネルギーを使って少ない動きしかできない高燃費の方が痩せます。

ですが、繰り返しますが、有酸素運動は身体を省エネ・低燃費モードにしてしまいます。

なぜそのようなことがおきるのかといいますと・・・

有酸素運動によって、酸素の利用能力が上がり、少ない栄養素でも効率よくエネルギーを生み出せるようになるからです。

これは、本来は有用な発達なのですが、ダイエットにおいてはデメリットになり得るものです。

 

正しい有酸素運動のとり入れ方

有酸素運動のデメリットを紹介してきましたが、そのデメリットを打ち消し、さらに有酸素運動の効果を高める方法があります。

これから説明する3つの方法全てを必ず行ってください。

それで、あなたのダイエットは健康的に加速するはずです。

◆Ⅰ 先に筋トレをすること

筋トレをすることで、筋肉量を増やすことができ、筋肉量が増えれば燃費が悪くなり、より消費エネルギーが大きくなります。

さらに、筋トレ直後は脂肪燃焼が促進されやすい状態にあります。
詳細はコチラの記事で解説しています⇓
【有酸素運動の本当のベストのタイミングはいつか】

その状態で有酸素運動をすると、有酸素運動だけしたときよりもずっと脂肪燃焼効果が高まります。

ですので、筋トレの後に有酸素運動をしましょう。

よくその逆をやっている人が多いですが、有酸素運動を先にしてしまうと、脂肪燃焼が効率化されないだけでなく、疲労してから筋トレをすることになるので筋肉を十分に使うことができず、結果、筋肉量を増やすこともできにくくなります。

◆Ⅱ 時間を守ること

長時間の運動が筋肉量を減少させる一つの原因です。

どんなに長くても2時間は超えないようにしましょう。

個人差はありますが、有酸素運動によって2時間までなら筋肉量の減少は起きないことが分かっています。
しかし、減少は起きなくても長時間筋肉を動かすことは筋肉量を増やすことにおいては弊害でしかありません。

筋肉量を増やすためには、短時間高負荷!これが鉄則だからです。

ですので、有酸素運動をするなら、理想は30分~1時間程度です。

◆Ⅲ 心拍数をコントロールすること

有酸素運動は、
心拍数を目安に運動強度を設定することが大切です。

220-(自分の年齢)=おおよその最大心拍数

この式で、
あなたの最大心拍数がだいたいわかります。

その最大心拍数の、55%~75%が一番脂肪燃焼効果が高いゾーンです。

この中からはみ出さないように運動することで、運動中は常に脂肪燃焼効果を最大限引き出すことができます。

この感覚でいつもウォーキングなりジョギングなりをしていった方が、一定の脂肪燃焼効果を得ることができるでしょう。

心拍数の管理が良く分からないという人は、コチラの記事で詳しく解説しています⇓
【有酸素運動のダイエット効果を最大にするのに必要なコト】

 

まとめ

色々と有酸素運動について話してきましたが、
一番は運動を楽しむこと。

これが大切です。

楽しんでいる人ほど結果を出しています。

ですので、
自分のできる範囲の中で・・・自分の楽しめる範囲の中で、効果のあるものを選んで行っていくことをお勧めします。

自分に甘くしなさいと言っているわけではありませんよ?

あなたがどの程度の厳しさなら続けられるのか、それは今までの人生経験からある程度は分かると思います。

あまり無理をし過ぎず、等身大の自分でダイエットに励んでいきましょう。

それで結果が少しでもついてくれば、きっと楽しくなるはずです。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP