なぜマッチョにチビが多いのか考えてみる

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

筋トレをすると背が伸びなくなるとか、チビほど筋トレをするとか、世の中は低身長にマッチョのイメージが少なからずあるように思います。
僕自身も低身長ですが、筋トレをしています。

何故、そのようなイメージが世の中にはあるのでしょうか・・・
それとも実際に多いのでしょうか・・・

そのことについて考えてみました。

マッチョの最高峰ボディビルダー

ボディビルダーに低身長の人が多いというのは確かに事実です。
日本のボディビル界では身長が高いと言ってもせいぜい170~175㎝くらいで、160㎝後半で身長が高い部類に入ります。

もちろん、180㎝ほどの高身長の人もいますし、参加できないわけではありません。

ただ、高身長だと不利な競技なのです。

身長が低い方が高身長の人に比べて骨の長さが短いので、筋肉が詰まって見え、良く発達しているように見えます。
全身の筋肉がどれだけ肥大しているかというのが採点基準の一つであるボディビルでは、筋肉が詰まって見える低身長の人の方が圧倒的に有利です。

なので、ボディビルダーはレベルが上がるほど、身長の低い人が多くみられるようになり、150㎝台の人もたくさんいます。

 

器械体操の選手のマッチョ

体操の選手も身長の低い人が多いです。
これもボディビルダーと同じ理由で、身長が低い方が有利だからです。

空中で回転するような技や、バランスを保つのには、手足が長かったり身長が高いとそれだけで技の難易度が上がり、その分不利になります。
その為、体操選手もトップクラスになると身長が低い人が多いです。

身長が低い方が重心が分散しにくく、小回りが利くため、技が綺麗に見えます。

そして、体操選手はマッチョな人が多く、これもまたレベルが上がれば必然的に低身長マッチョが多くいる形になります。

 

向上心から筋トレを始める

身長は頑張っても伸ばすことはできません。
けれども、筋肉は違う。

正しく努力をすれば、かならず筋肥大と言う形で筋肉が大きくなり、体が大きくカッコよくなっていきます。

僕自身もそうですが、低身長だとやはり自分に足りないところがある分、補おうと努力するのは自然の流れだと思います。

少しでも自分の魅力が上がるように努力することは、素晴らしいことです。
低身長の人には、そういった向上心がある人が多いように感じます。

 

低身長のマッチョは増えやすい

低身長にマッチョが多いのは単なるイメージというものもありますが、マッチョに見えやすいということが考えられるから、そういうイメージが付いているのだと思われます。

というのも、ボディビルで低身長が有利なのはマッチョに見えやすいからです。
つまり、身長の高い人に比べて少ない努力で、短い期間で筋肉質な体を手に入れることができるということ。

僕は、このことから低身長の人こそ筋トレをするべきだと考えています。
また、他にもたくさんメリットがあります⇓
【チビ男こそマッチョな体を目指すべき5つの理由】

さらに、筋トレはなかなか続かないものです。
ほとんど人が半年も続けられません。

でも低身長なら、早めに成果が目に見えてくるから続けられやすい!
その結果、低身長の人ほど筋トレを続けられる!
そして低身長の人のマッチョが増える!

このような流れができているのではないかとも思えます。

身長の高い人に比べて、短い期間で、少ない努力でマッチョになれるということは、すごい利点だと思います。
低身長の人はこの特性をきっちり活かすべきです。

 

まとめ

こうして考えてみると、低身長の人がマッチョになる要因は意外に多いですね。

筋肉好きな女子が増えてきている今の世の中、低身長の男子たちにチャンスが訪れているのではないでしょうか!
このチャンスを生かして、筋トレに励んでほしいなと思います。

ちなみに、低身長の人が筋トレをする場合はいくつか注意点が存在します。
その注意点についてはコチラの記事で解説しています⇓
【余計にチビになってしまう危険な筋トレ方法】

身長が低くてもカッコいい体は必ず手に入ります!
頑張ってください!

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP