低身長は筋トレをするのにかなり有利と言える3つの理由

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

何を隠そう僕はチビです。
これを見ているということは、あなたも身長が低い方なのではないでしょうか。

でも、低身長の人は、高身長の人に比べて筋トレをすることにおいて有利と言えます。

今回はそのことについてお話していきます。

低身長の人は、筋トレをする上で有利なる理由が3つあります。
それは・・・

その1
筋肉質に見えやすい

低身長の人は高身長の人に比べて骨の長さが短いです。
骨の長さが短いと、それだけ筋肉が詰まって見えます。

つまり、高身長の人に比べて少ない筋肉量でも、よく盛り上がっているように見えるのです。

これは骨の長さが理由で起こる現象ですから、低身長ではなくても手足の短い人でも同じことが起きます。
逆に、低身長でも体のわりに手足が長いと、そのメリットがやや薄れる傾向にあります。

ちなみに、トップボディビルダーに低身長の人が多いのはこのような理由が挙げられます。
ボディビルの世界では、低身長は有利なのです。

 

その2
重いものを持ち上げやすい

骨が長い人に比べて、短い方が関節の動く距離は短くなります。

機能解剖学ではモーメントアームと言いますが、例えば短い板よりも長い板の方が先端から持ち上げる場合、大変ですよね?
さらに、板の先端に何か載せている場合、短い板の方が持ち上げやすく、長い板の方が持ち上げにくいですよね?

これと同じことが人間の骨格でも起こります。

つまり、体重が同じであるならば身長の低い人の方が身長の高い人に比べて、より高重量を扱うことができるのです。
そして、その1と同様に手足の短い人も同じです。

パワーリフティングやウエイトリフティングと言った、バーバルを扱った挙上重量を競うスポーツでは低身長の人や、手足の短い人が圧倒的に有利です。

この分野でもトップ選手は、低身長の人か手足の短い人、もしくはそのどちらもであることが多いです。

 

その3
効果を実感しやすい

その1の筋肉質に見えやすいこと。
その2の重いものを持ち上げやすいこと。

この二つを踏まえて低身長の人は筋トレ効果を実感しやすいと言えます。

筋肉質に見えやすいのですから、それはそのまんま筋トレによる筋肥大の効果をすぐに実感できるでしょう。
それに加えて、その2の重いものを持ち上げやすいというのが、これをさらに促します。

何故なら、高重量を扱う筋トレは筋肥大に一番効果的な刺激「筋繊維の微細な損傷」を起こしやすいからです。
さらに、高重量を扱うことで、筋肉の発達とともに神経の発達も促され、より高重量を扱うことができるようになります。

より高重量を扱うようになれれば、より筋肥大を起こすのにも有利になります。

その上、少ない筋肉でもマッチョに見えやすい体格があります。

まさに好循環ですね。

これらは低身長の人にマッチョが多い一つの理由ですね。
【なぜマッチョにチビが多いのか考えてみる】

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
身長が低いってことも、そんなに悪くないことだと思えて来ませんか?

僕もそうですが、身長が低いメリットってあまりないです。
ですから、少ないメリットをしっかり活かすべきだと思っています。

ちなみに、低身長の人は筋トレにおいては有利ですが、ダイエットにおいては不利になります⇓
【チビのダイエットは大変!なぜなら痩せにくいから・・・】

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP