チビデブを卒業してイケイケのチビ細マッチョになる方法

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

チビデブ=モテない。
そんなに女性は単純ではないので、チビデブでもモテる人はいるにはいます。
けれども、チビデブを上回る魅力を持っているからモテるのです。

モテたいなら、何とかしましょう。
チビデブに似合う服なんて探してはいけませんよ?

まずは食事よりも筋トレ!

デブを改善するだけなら簡単です。
極論ですが食べなければいいだけ。
食べてはいけないような環境に自分を追い込めばいいだけです。
(出来るかどうかは別として)

そんなことよりも、筋トレをする習慣をつけましょう。
その習慣がついてから食事制限を始めても遅くありません。

もしかしたら食事制限をしなくても、筋トレを習慣にできればおのずと食生活も改善されるので痩せていくかもしれません。

兎にも角にもまずは筋トレで体を作りましょう。

チビデブの為の筋トレ方法

細マッチョになる為には、筋肉を肥大させて筋肉量を増やす必要があります。

その為には、筋肉に大きな負荷をかけて上げる必要があります。
具体的には80%1RM。

分かりやすく言うと、一回しか挙上できない重さの8割です。
その重さで8~12回行いましょう。

鍛える部位は大筋群と呼ばれる、お尻、背中、胸です。
特に細マッチョには上半身の背中と胸の筋肉が重要です。

腹筋は体脂肪を落とせば割れてきますが、これらの筋肉は厚みがないと体脂肪を落としても貧相になるだけです。
なので背中と胸をまずは考えましょう。

チビデブの為の筋トレ種目

上半身の背中と胸を効率よく発達させることのできる種目を紹介します。

まずは背中

★ラットプルダウン

背中の中でも一際大きな広背筋の発達に最適です。
広背筋が発達すると、背中が広くなり、逆三角形の体を作ることができます。

★シーテッドローイング

背中の中央にある僧帽筋の発達に最適です。
僧帽筋が発達すると、背中の厚みが出るようになり、後姿が逞しくなります。

つぎに胸

★ベンチプレス

厚い胸板を作る大胸筋の発達に最適です。
大胸筋が発達すると、胸板が厚くなり、Tシャツをかっこよく着ることができるようになります。

 

まずはこれらで十分

腕とか肩とかは、ひとまず置いておきましょう。

なぜなら紹介した三つの種目は、多関節種目と言って、複数の関節を連動させることで複数の筋肉を使う筋トレ種目だからです。

ラットプルなら、広背筋(背中)と大円筋(背中)と上腕二頭筋(腕)と三角筋(肩)
シーテッドローイングなら、僧帽筋(背中/肩)と広背筋(背中)と菱形筋(背中)と上腕二頭筋(腕)と三角筋(肩)
ベンチプレスなら、大胸筋(胸)と上腕三頭筋(腕)と三角筋(肩)が使われています。

ね?

一度に多くの筋肉を使った方がより重いものを扱えるし、時短になるし、効果は高いし、やらない理由はないくらいです。

筋トレがちゃんと習慣になってきたら、多関節種目だけじゃなく、単関節種目と呼ばれる筋肉一部位にフォーカスした種目を加えていくのが良いでしょう。

まずは大筋群を鍛えるために多関節種目の筋トレを習慣にすること!
頑張ってください。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

PAGE TOP