ストレッチはどれくらい続けると効果が出るのか

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

体を柔らかくしたい!
そう思う人は多いですね。

でも筋肉を大きくすることもそうですが、筋肉を柔らかくするのにも時間がかかります。
体が硬い人が柔らかくなるのには、いったいどれくらいの時間が必要なのでしょうか。

それは・・・

 

ストレッチの最適な頻度

筋トレもそうですが、ストレッチも一回やっただけでは効果はありません。
継続してやっていくことで、目に見えた効果が表れてきます。

その為のストレッチの頻度としては・・・

①一日に2回以上
②週3回
③週1回

からにかけて、ストレッチの効果は減っていきます。
ちなみに柔らかくしたい部位に5~10分しっかりと静的ストレッチをしていることが条件です。
※静的ストレッチとは伸ばした状態を10~20秒ほどキープするストレッチのことです。

ストレッチにはいくつか種類があり、動的ストレッチ・静的ストレッチ・バリスティックストレッチ・PNFストレッチがあります。
今回話題に挙げるのはその中の静的ストレッチ。

それぞれの違いはコチラの記事で説明しています⇓
【ストレッチはトレーニングの効果を激減させるからやるな!】

これ以上間隔をあけると、柔らかくなるスピードが非常に遅くなるか、または効果がほとんどないかどちらかになります。
やるからには、最低でも週1回はやらないと意味がないということです。

 

ストレッチ効果はもって7日

ストレッチは数十分でもしっかりと行えば、その短い時間でもその前後で体の柔らかさはまるで違います。
生理学的に、静的ストレッチをしっかり行った場合、その効果は5~7日持つということが分かっています。

けれども体感では数時間、もしくは1日で体が元に戻ったように感じるでしょう。
これは筋肉の柔らかさを決めるのは、細胞だけでなく、筋肉の温度なども関係しているからです。

実際には、細胞レベルでは行ったストレッチの刺激は5~7日は継続して残っています。
ですので、この効果が残っている間にまた新しいストレッチの刺激を入れることが重要なのです。

そうすることで、ストレッチの効果をずっとキープし続けることができる上に、どんどん柔らかくなっていきます。

なので最低でも週1回なのです。

 

ストレッチの最適な期間

では、最適な頻度は分かりましたが、それをどれくらい続けると効果が出てくるのか。

これは個人差がありますが、一つの目安としては2~3ヶ月です。
筋トレにも同じことが言えますが、筋肉の細胞は新陳代謝を繰り返していて、約3ヶ月周期で筋細胞が全て生まれ変わっています。

現在と3か月後は見た目は同じでも筋細胞はまるで別物だということです。

それとストレッチとどういう関係があるのかと言うと・・・

筋細胞はストレッチの刺激が入っても5日程度で元に戻ると言いました。

けれどもストレッチの刺激を経験した細胞が新陳代謝で新しくなると、それまでのストレッチの刺激が定着します。
5~7日と言わず、次の新陳代謝まで。

つまり数か月持続するということです。

ですので、それぐらいの期間を安定した頻度で行っていけば効果を実感できるうえに、元に戻りにくい柔軟性を手に入れることができます。
そこから何もしなければ、いずれ元に戻ってしまいますが・・・

このことは筋トレによる筋肥大にも同じことが言えます⇓
【筋トレ始めた場合、どれくらいの期間で体が変わる?】

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

どれくらいで体が変わるのかが分かりました。
あとは、あなたが目標とする柔軟性を獲得できるまで、日々努力するだけです!

頑張ってください!

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP