余計にチビになってしまう危険な筋トレ方法

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

低身長の人は低身長だからこそ、筋トレをしてカッコイイ体になるべきだと思いますが、いくつか注意しなければカッコ悪くなってしまうポイントがあります。
せっかく努力してカッコイイ体を目指しているのに、実は全く逆の方向に進んでいた・・・

なんてことにならないように気をつけてくださいね。

そのポイントとは・・・

 

腕は必要以上に鍛えるな!

低身長の人は、平均身長または高身長の人と比べて、手足が短いです。
絶対的な長さは、低身長の人の方が劣ることは分かりますよね?

つまり骨が短いわけですが、そんな短い腕の筋肉を肥大させすぎてしまうと、腕がより短く見えます。
これは足にも言えることです。

例えば、お箸を1膳を握っているとします。
握っているお箸が2~3膳くらいならまだ細長さを感じるでしょうが、それが20膳に増えたら?

その束を見て太いと感じても、長いとは感じないでしょう。
それと同じようなことが手足にも起きます。

低身長な上に、手足がさらに短く見えるようになったら、ずんぐりむっくりしてしまいます。
それをカッコイイと思う人は、いないわけじゃないでしょうが少ないだろうというのは想像できるかと思います。

ただ、まったく腕や足を鍛えてはいけないとは言ってません。
やはりある程度は腕や足に筋肉がないと、カッコイイ体とは言えないです。

やりすぎ厳禁!
ということです。

 

肩幅を作って小顔になれ!

低身長の人は、高身長の人と同じ顔の大きさでも体が小さい分、顔が大きく見えがちです。
顔が大きいと、体の全体的なバランスが悪くなり、かっこいいというよりは可愛いよりのマスコット的な印象を相手に与えがちです。

でも、小顔になるには顔の骨を削らないとなれません。
そんなことしたくないじゃないですか?

それなら体の長さを変えて、顔を相対的に小さく見せれば良いのです。

体の長さは縦の長さ、つまり身長だけではありません。
横の長さ、肩幅を伸ばすのです。

そのために、肩幅を広くしていきましょう。
間違ってもお腹の横幅は広くしないように・・・

肩幅を広くするには、三角筋中部のトレーニング最適です。
また、背中の広背筋の発達も体の横の長さを際立たせてくれます。

具体的な肩幅を広げる方法はコチラの記事で解説しています⇓
【誰も教えない肩幅を広げる肩トレのテクニック】

 

見た目は相対的なもの

人の見た目の印象というのは、あやふやです。
パット見た時に、全体的なバランスでその印象を決めています。

身長150cmで顔が大きくても、その顔のまま190cmになれば小顔になるように、絶対値よりも相対値を大事にして、印象を良くしていくのがボディメイクです。

★ここまで話してきたことを、具体的に動画でも話しています⇓

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

高身長の人に比べて、低身長の人は気を付けなければならないことが他にもあります。
とにかく避けたいのはずんぐりむっくりした体型です。

いわゆる豆タンクってやつですね。
そうならないようにボディメイクをしていきましょう!

ちなみに、豆タンクになりやすい人は特に気を付けてくださいね⇓
【筋トレで豆タンクになりやすい人の特徴】

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP