腹筋を鍛えすぎるとデブになる

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

6パックを目指して、腹筋を鍛えすぎるとかえってお腹が出ているように見えてしまいます。
これは、腹筋の肥大によっておこるもので、綺麗な腹筋を目指いしているのならやりすぎは厳禁です。

何故デブになる?

腹筋と一口に言っても、いくつか種類があります。
それは、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋。

全て合わさって、胴体周りをコルセットのように覆っています。

腹筋の肥大は確かに、割れたお腹を実現させますが、肥大しすぎるとお腹は割れているのに出ているという矛盾が起こります。
その代表的な人がYoutuberのサイヤマングレートさんでしょう。
※知らない人はこれを見て

どうしてこのような腹筋になるのかというと・・・

 

腹筋の高強度トレは注意

腹筋の種目でもこのサイヤマンさんは高強度のトレーニングをしています。

高強度の腹筋トレーニングは、6パックを作る腹直筋だけでなく、その他の筋肉も総動員するため胴体周りがどんどん太くなっていきます。
腹斜筋群の肥大でウエストは広くなり、腹横筋の肥大で体の中から腹直筋と腹斜筋を押し出してきます。

その為、腹筋は割れていてもお腹が出ているように見えるのです。

ボディメイクのアスリートであるフィジーカーやボディビルダーは、腹筋が肥大しすぎないようにあえて腹筋を鍛えない人もいるくらいですから、気を付けなければならないポイントと言えます。

 

手っ取り早く割りたい人はOK

少しでも早く腹筋を割って6パックを際立たせたいと思っている人は、高強度腹筋トレーニングは向いています。

高強度の方が腹筋の肥大は早いので、短期間で6パックを手に入れることができるでしょう。

高強度の種目がこちら

★アブローラー(膝コロ)

これを立ってやればより腹筋全体を使えます。
また腹筋だけでなく、背筋や腕の筋肉も動員されやすくなると思いますが、腰をそらし過ぎないように腹筋に意識を持っていくことが重要です。

★ハンキングレッグレイズ

これを足を伸ばしてやることで、てこの原理で腹筋にかかる荷重が増すのでより高強度になります。
または足に重りをはさんでも良いでしょう。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

PAGE TOP