筋トレで豆タンクになりやすい人の特徴

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

豆タンクとは、本来は小型戦車のことを指すのですが、その小さくてまとまった様子から低身長で手足が短く、ぽっちゃりとした印象のある人に使われる言葉です。

簡単に言えば、『チビ』と同じくらいの悪口ですね。

豆タンクと呼ばれるのは不本意ですよね。
僕も嫌です。

ですが、低身長の人は正しく筋トレに臨んでいないと、豆タンクになる可能性があります。
今回は、豆タンクになりやすい人の特徴をご紹介します。

つまり豆タンク予備軍です。

身長165㎝以下

低身長の人は、それだけで豆タンク予備軍です。
豆タンクの構成要素は、大きな頭、短い首、短い手足、膨らんだ体型です。

身長が大きい人は、例えば手足が短かったとしてもそれは相対的なもので、低身長の人と手足の長さを測って比べれば高身長の人の方が長いはずです。
つまり、相対的に豆タンクの要素を持っていても、高身長の人はそれだけで小さくまとまったような印象にはならないのです。

しかし、低身長の人は別。
それだけで豆タンクの要素を強調させてしまいます。

 

太い腕にあこがれている人

太い腕にあこがれ、腕の筋トレを一生懸命やっている人。
あなた豆タンク予備軍です。

高身長の人は、腕を太くしても逞しい印象になりますが、低身長の人は太く短く見えるようになります。
豆タンクの構成要素の一つの短い手足にこれが該当します。

腕の鍛えすぎは、逞しいという印象よりも、太くて短い滑稽な印象になる可能性があるので要注意!

ちなみに同じことが脚にも言えます。

低身長の人は四肢はなるべく太くしない方が、スリムな印象を人に与えますのでおススメです。

 

太い首にあこがれている人

首を強くしようと、首の筋トレをやっている人。
あなたも豆タンク予備軍です。

太い首は確かに男らしい印象を与えますが、低身長の人が鍛えてもこれもまた太く短く見えるようになるだけです。
豆タンクの構成要素の短い首に該当します。

低身長の人は肩から上は、すっきりさせるように心がける必要があります。
8頭身モデルがスラっとした印象に見られるのは、顔が小さいから。
つまり、肩から上がすっきりしているからです。

豆タンクになりたくないのであれば、首は鍛えないようにしましょう。
もともと顔が大きい人は特に気を付けてください。

 

マッチョにあこがれている人

ボディービルダーになりたい!そういう風に考えている低身長の人は、豆タンクに非常になりやすい人でしょう。
というか、豆タンクにならなければいけないと思います。

豆タンクの構成要素の一つの膨らんだ体というのは、ぽっちゃり体型もそうですが、筋肉の肥大によって作られる体も含まれています。

ボディービルダーは、全身の筋肉を評価されます。
ですから、全身の筋肉をしっかり肥大させる必要があるので、『豆タンクになりたくない~』なんて言っていては大会で勝てないでしょうから、ボディービルダーになりたいのであれば、そこは諦めてください。

そうでないのなら、低身長の人はマッチョではなく、細マッチョを目指すべきです。

 

まとめ

ここまで豆タンクに関してお話ししてきましたが、豆タンクが嫌でないのなら低身長に適した筋トレの仕方なんて考えなくても大丈夫です。

『豆タンクでも良いからとにかく強い印象を!』ということでしたら、何も気にせず鍛えまくりましょう。
間違いなく豆タンクになりやすくなりますが、それでも強い印象を人に与えることはできます。

それもこれも、筋トレをする目的によるかと思います。
筋トレはあくまで手段ですから、筋トレで何を達成したいのかで変わってくるでしょう。

僕が紹介しているのは、筋トレでモテる体になる!という目的のためのお話です。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP