くびれない人の3つの特徴と3つの対処法

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

どんなにダイエットしてもなかなかくびれない人というのはいます。
これは、はっきり言って骨格の問題が大きいです。

男性でも逆三角形になりやすい人、四角形になりやすい人がいるように、女性も骨格によりなりたい体型に限界があります。
だからって諦めれば、それまでです。
一生、理想の体型にはなれないでしょう。

どうしてもくびれたい!
そんな思いのある人は読み進めてください。

くびれない人の特徴その1
肋骨と骨盤の距離

そもそもくびれってのは何だか知ってますか?
下の画像を見てください。

肋骨から、骨盤にかけて隙間がありますよね?
肺や心臓は肋骨によって覆われていますが、その下の胃や腸などの内臓は骨に覆われていません。
もし、肋骨が骨盤まで繋がっていたら、くびれは絶対にできません。
脇から腰まで一直線の体になります。

つまり、くびれの正体はこの隙間なんです。

肋骨と骨盤の距離が重要

さて、くびれの正体が分かりました。
では、くびれない人は何故くびれないのか。
太っていればそりゃくびれませんが、中には太っていてもくびれのある人もいます。

そのくびれやすさの一つが、肋骨と骨盤の距離です。

この距離が短いと、くびれが始まるか始まらないかのところで骨盤が表れるので、くびれができにくい環境になります。
反対にこの距離が長いと、肋骨の下にゆとりがある為、しっかりカーブを描く距離が十分にあり、くびれやすい骨格と言えます。

 

くびれない人の特徴その2
肋骨と骨盤の幅

肋骨と骨盤の大きさもくびれの重要な要素です。
胸の谷間がバストの大きい人ほどできやすいのは、始まりの高さ(右のバストトップ)と終わりの高さ(左のバストトップ)が十分にあるからです。

これはくびれにも言えます。
始まりの高さ(肋骨の幅)と終わりの高さ(骨盤の幅)が十分にあると、綺麗なカーブが自然と描かれます。

つまり、肋骨の広がりが狭く、さらに骨盤が小さい人はくびれができにくいということです。

 

くびれない人の特徴その3
腹筋の肥大

くびれたいがために、腹筋を鍛えている人は大勢いますが、それ逆効果になる人がいます。
元々くびれができやすい人は、腹筋を鍛えることで筋肉質で引き締まったくびれを手に入れることができますが、上記のような骨格的に恵まれていない人が腹筋を鍛えすぎると逆にくびれにくくなります。

特に丁度くびれの部分にある筋肉。
腹斜筋は骨格が恵まれていない人は、鍛えすぎないようにしましょう。

ちなみに腹斜筋とはこれです。

どんなに引き締めに特化したトレーニングでも、じわじわ肥大していくのが筋肉です。
ちなみにこの腹斜筋をとことん鍛えた女性がこちら。

すごく引き締まっていて、僕個人的には好みの体型ですが(笑)、くびれはないのが分かると思います。

腹斜筋、つまり横腹の鍛えすぎはくびれの消失に繋がるので気を付けましょう。

 

くびれない人の対処法その1
背中の筋肥大

では、これまで話してきたようにくびれにくい人はどうすればくびれるのか。
まずは、背中の筋肉を肥大させましょう。

これは、肋骨の幅の代わりになります。
具体的には、広背筋の肥大を促して、背中の幅を作りましょう。

広背筋とはここの筋肉です。

肋骨の広がりがないのであれば、この広背筋を発達させてまずはくびれのカーブをつくる始まりの部分をを高くしましょう。

この背中の広がりを作るのに特化したトレーニングはこちら。
ラットプルダウンです。

 

くびれない人の対処法その2
お尻の筋肥大

次は、骨盤の小ささをカバーするためにお尻のボリュームを増やします。
骨盤自体を大きくすることは不可能なので、骨盤に付着している一番大きな筋肉の殿筋群の肥大を促すことで、くびれのカーブの終わりの高さをつくることができ、くびれを形作ることができます。

お尻の筋肉はたくさんあるのですが、その中でも代表的なのが中殿筋と大殿筋です。
この筋肉です。

骨盤が大きくないのであれば、ここの筋肉をとにかく肥大させましょう。

これらの筋肉の発達に特化したトレーニングはこちら。
中殿筋の筋トレ
ヒップアブダクションです。

次は大殿筋の筋トレ
ヒップスラストです。

 

くびれない人の対処法その3
腹筋は腹直筋のみ

最後は腹筋です。
筋肉は使われなければ、どんどん細くなっていきます。
ですので、腹斜筋を使わないようにし、わざと衰えさせていけば、横腹の発達を抑えられます。

それだと横腹の脂肪が燃えない?
大丈夫です。エクササイズによる部分痩せは微々たるものです。
食事制限をきちっとやっていけば、自然と横腹の脂肪はなくなっていきます。

ただ、腹筋が引き締まっていないとカッコ悪いので、腹直筋の肥大は必要です。
お腹の縦筋のように腹筋を割るにはこの腹直筋を鍛えましょう。

ただ、腹直筋だけを鍛えるのは少々難しいです。
なぜなら、腹筋運動にはどうしても腹斜筋が関わってきてしまうからです。
そしてそれは、腹筋運動の強度が上がれば上がるほど、お腹全体の筋肉が動員されます。

それを防ぐために、腹直筋の筋トレは、低負荷の高回数が良いでしょう。
このクランチが最適です。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

PAGE TOP