低身長男子こそトレーニングギアを使わなければならない理由

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

トレーニングギアというのを知っていますか?
ウエイトトレーニングをする際に、そのトレーニングを補助していくれるものです。

このトレーニングギアは低身長の人にとって、必須です。
これがなくては話にならないってくらい必須です。

その理由をお話ししていきます。

まずはトレーニングギアの種類

トレーニンググローブ

これは、手にまめができることを防いでくれますし、なにより滑り止めが手のひらに加工されているので、バーベルやダンベルを握るときのグリップ力が増します。
滑らないことにより、効率的に筋肉の力をバーベルなどに伝えることができます。

リストラップ

これはいわゆる手首のサポーターです。
強力に手首(手関節)を固定することができ、バーベルなどを上げる際に手関節のけがを防ぐとともに、手関節を固定することで筋肉の力を無駄なくバーベルに伝えることができます。

リストストラップ

これは、手首に引っ掛けたストラップの先をバーベルなどに巻き付けて握ることで、手が滑ってバーベルを落としたりすることを防ぐことができますし、手首にストラップが引っ掛かっているので強く握らなくてもよく、バーベルを保持するのが楽になります。

パワーグリップ

これはリストストラップの上位互換のギアです。
リストストラップよりも保持力が高く、安心してトレーニングに打ち込むことができます。
また、バーベルに巻き付けるのが簡単で時間がかからないのも良いところですね。

リフティングベルト

人間の体は、腹圧と言ってお腹の中の圧力を高めることで大きな力を効率よく生み出しています。
その腹圧の補助をしてくれるのがリフティングベルトです。
また、腹圧を高めることで腰を痛めたりすることを防ぐこともできるので、ケガの予防にもなります。

 

何故低身長は素手ではいけないのか

低身長の人が素手で筋トレをすることが良くない理由として、2つあります。

理由①
腹圧の向上=体幹肥大

腹圧を補助してくれるトレーニングギアのリフティングベルトなしで、高重量を扱えるようになることは素晴らしいことではありますが、それは強さと引き換えに美しさを失ってしまう可能性が高いです。

というのも、ベルトなしで高重量ができるというのは自分の腹筋だけの力で腹圧を十分に高めることができるということです。
これはつまり、腹直筋、腹斜筋、腹横筋などの腹筋群全体の強化ができているということなのですが、腹直筋以外の腹筋の肥大は寸胴体型になりやすくなります。

腹斜筋と腹横筋は、コルセットのように胴回りを覆っている筋肉です。

※腹横筋は見えていない

低身長の人は逆三角形を目指さなければ、より低身長に見られます。
動は絶対に太くしてはいけません。

その為、リフティングベルトを適切に使用して、胴回りの筋肉の肥大を最小限に抑えることが重要です。

理由②
筋肉へのフォーカス

低身長の人のボディメイクは計画性が命です。
自分の骨格に合わせて、何処の筋肉をどれぐらい肥大させるのかということが必要です。

これをするにはトレーニングテクニックが必須なのですが、トレーニングギアは足らないテクニック分を埋めてくれる役割をしてくれます。

たとえば、背中の筋トレで代表的な懸垂という種目があります。
これは、背中の筋肉のフォーカスをする場合、なるべく腕の力を使わないようにしなくてはなりません。

けれども、素手だと強くバーや鉄棒を握っていないと、体が落ちてしまいます。
強く握るということは、前腕に力が入っている状態であり、そのような状態は腕の筋力の関与を高めやすくしてしまいます。

せっかく緻密に計算して立てた計画も、正確に実行できなければ意味がないのですから、それを防ぐために、軽く握る程度でも握力をサポートしてくれるリストストラップやパワーグリップの使用が必要と言えます。

このように、対象ではない筋肉に刺激がなるべく逃げないようにするには、トレーニングギアは必須です。

 

 

ギア推奨の種目

バーベルスクワット

★リフティングベルト

バーベルベンチプレス

★リストラップ

バーベルデッドリフト

★リフティングベルト
★リフトストラップorパワーグリップ

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP