低身長を際立たせてしまう体のパーツは顔と肩幅

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

人間の印象というのは曖昧なものです。
同じ身長の人が二人いても、それぞれの体のパーツの大きさや長さなどが異なれば、同じ身長なのに感じる体の大きさは違うものです。

つまり、自分の体のパーツをどうにかすることができれば、身長を幾らか高く見せることができるということです。
低身長のみなさん。
希望が湧いては来ませんか?

顔の大きさはどうしようもない

まず、身長が低く見えてしまう原因の一つが顔の大きさです。
頭身という言葉は知っていると思いますが、ドラえもんは2頭身。モデルは8頭身です。

つまり、体の大きさに対して顔の大きさが小さければ小さいほど、スリムに身長が高く見えます。

もし180㎝の2頭身の人がいたとしたら・・・
その場合、身長が高いと言わないでしょう。
『高い』ではなく、『大きい』になります。

ただ、顔の大きさは整形手術でもしない限り小さくすることはできません。

ですから顔が大きめの低身長の人は、顔のことは忘れてください。
他の要素で身長を高く見せましょう。

 

もう一つの要素は『肩幅』

顔以外で体の高さを表せるのが肩幅です。
肩幅の広い人ほど、スタイル良く見えます。

理由は顔の大きさを相殺してくれるからです。

人間の印象は曖昧なものです。
顔のすぐ下の肩幅が狭いと、顔は本当の大きさよりも一回り大きく感じられます。

逆に、顔が大きくてもすぐ下の肩幅が広ければ、本当の大きさよりも一回り小さく感じられます。

どっちをとるか。
当然後者でしょう。

よく、女性で肩を華奢にしたい。
という人が多いですが、それは顔が大きく見えるようになるというリスクをはらんでいます。
男性にも同じことが言えます。

 

顔が大きいならとにかく肩を鍛える

顔が大きいという自覚があるのなら、とにかく肩を鍛えましょう。

ただ、一口に肩いっても、肩には多くの筋肉が存在します。
その為、肩幅に特化した筋肉を鍛える必要があります。

その肩幅に特化している筋肉が、三角筋中部です。
それがこちら

肩の横の盛り上がりを作る筋肉です。
ここを集中的に鍛えていきましょう。

 

代表的なトレーニング種目

三角筋中部を鍛える代表的な種目をご紹介します。

★サイドレイズ

★インクラインサイドレイズ

★アップライトロウ

 

肩トレの注意点!!

しかし!
正しい肩トレのコツを知らないと、肩幅を広げることはできません。

仮に肩幅が広がったとしても、絶対にカッコ悪い体型になります。
言いきれます。

下記の画像のどっちの体になりたいですか?

下の画像!
というのであれば、コチラで詳しく解説しています⇓
【誰も教えない肩幅を広げる肩トレのテクニック】

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
低身長の人は、高身長の人や普通の身長の人と比べて、気を付けなければならないポイントがたくさんあります。

そのポイントを抑えないと、より低身長を際立たせてしまうので注意が必要です。

ボディメイク頑張ってください!

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP