筋トレは減量期こそ挙上重量にこだわれ

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

一般的にトレーニーはコンテストに出なくても増量期と減量期を設けている人が多いのではないでしょうか。
かく言う僕も今年(2018年)はコンテストに出場しますが、去年までは単純にかっこいい体になりたいというだけで増量と減量を交互にやっていました。

さて、減量期の目的は体脂肪を燃やし、筋肉を浮き上がらせ、カッコいい体になることですが、脂肪が燃えるような環境というのは筋肉はどうして減少していってしまうのです。
そしてなるべく筋肉量を減らさないようにみんな努力をするわけですが、これが難しい。

筋肉量が減るということは、それだけ筋力も落ちますから、今まで上げていた重さを上げることができなくなってしまいます。
ですが!
だからと言って、簡単に設定する重さを下げてはいけない理由があります。

それが・・・

扱う重量が落ちると筋肉はどんどん減る

前までは10回挙げていた重さが、8回、6回、4回と落ちていったとしても、その重さから逃げてはいけません。
扱う重量が落ちれば、それだけ筋肉量は減りやすくなります。

筋肉に重い刺激を与え、筋肉が必要なのだと身体に徹底的に叩き込む必要があります。
そうでないと、人間の体は生きるために筋肉を分解し続けます。
それをなるべく阻止しなければ、あなたの筋肉量はせっかく増量期で増やしたのに、みるみる減っていってしまうでしょう。

『維持でも挙上重量は下げない』
そのつもりで減量期の筋トレをすることをおススメします。

ですが、減量が進むと、当初の重さが3回未満なんてことになる可能性は十分にあります。
そんな時は・・・

 

重量をできる限りキープしながら強度を上げろ

それでも重量をキープしましょう。
1回しか上げられなくてもです。

しっかり筋肉に、そして神経に『今、筋肉は必要だぞ』と教え込むのです。

ただ、1回しか上げないと筋トレのボリューム不足になります。
ですので、レップ数(回数)が落ちてきたら、別の種目か、または同じ種目で強度を変えて、落ちた分だけトレーニング量を増やしていきましょう。

ここが重要なところです。

回数が落ちたのなら、自分に罰を与える。
そんな認識で良いと思います。

 

甘えるな

挙上重量が落ちてくると、『ダイエットしてるから仕方ないな・・・』と思いがちですが、もっと自分に厳しくいきましょう。
体を絞った時に、なるべく筋肉量を残したいのならそうすべきです。

増量期と同じメニュー、またはそれよりも強度の低いメニューでは絶対にダメです。
減量期こそトレーニングの強度と量にこだわって、自分を追い込むことが必要なのです。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP