BCAAが筋トレの効果を倍にする8つの理由

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

筋トレをしているトレーニーならBCAAという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。
聞いたことない人は今日覚えちゃってください。

このBCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンという三つのアミノ酸の総称なのですが、その効果は筋トレになくてはならないものと言えます。
摂取する習慣がない人は、心底もったいないと思います。

そんな筋トレに必須のBCAAの効果を詳しく説明していきます。

 

その1
運動中の疲労軽減

BCAAは筋トレ中の疲労の蓄積を軽減してくれる作用があります。
これは、筋トレ中の血液中のアミノ酸が不足すると、筋肉を分解してアミノ酸を取り込む作用を防ぐことができるからです。

疲労軽減もそうですが、筋肉が無駄に分解されてしまうことを防ぐことができます。

また、アスリートを対象にした30㎞走の実験では、BCAAを摂取している群とそうでない群とでは、疲労の感じ方がBCAAを摂取している群の方が軽いという結果も出ています。
つまり、筋トレに限らず長距離の有酸素運動の疲労にも効果を発揮するアミノ酸ということです。

 

その2
運動後の筋肉痛軽減

次に、通常なら筋肉痛間違いなしの筋トレでも、筋肉痛になりにくくなるという作用もあります。

筋トレを趣味にしている人にとって、筋肉痛は一つの追い込めたかどうかの基準でもあると思います。
けれども、激しく追い込むと生活や仕事に支障をきたしてしまうのを恐れて、十分に追い込めない人にとっては貴重な効果でしょう。

また、筋肉痛が起こりにくくなるということは、筋肉の回復が早くなることを意味しています。
筋肉の回復が早く済んでくれるのなら、筋トレの頻度を高めることもできます。

筋肉痛が好きな人でも、高頻度の筋トレに耐えられるからだというのは魅力的なのではないでしょうか。

 

その3
免疫力向上

BCAAにはさらに免疫力の向上の作用もあります。
筋トレ後というのは、著しく免疫力が下がっている状態です。
そんな時に細菌やウイルスが体内に大量に入ってくると、十分に抵抗できず、風邪を引いたり感染症に罹ったりしてしまいます。
それを未然に防いでくれます。

またBCAAは肝機能の向上にも一役買っており、体内の解毒、老廃物の排出、代謝、これらが促進されることと、肝臓がんの予防にもなることが分かっています。

 

その4
テストステロンレベルを高める

テストステロンというのは男性ホルモンのことで、このホルモンは筋肉の肥大と密接に関係しています。
つまり、テストステロンの濃度を高めることができれば、筋肉の発達を強力に促すことができるのです。

このテストステロンは、研究により、筋トレ中と筋トレ直後にBCAAを摂取することで著しく濃度が増加することが分かっています。

 

その5
脂肪燃焼

これもこんな研究結果があります。
登山家たちを対象にした実験で、BCAAを摂取した群とそうでない群にわけて、体組成がどう変わるかを調べました。
すると、BCAAを摂取した群は、そうでない群にくらべて筋肉量を減らさずに脂肪量を多く減らしていることが分かりました。

ダイエットの時は、なるべく筋肉量を落としたくないものです。
BCAAは筋肉が分解されやすいダイエット時でも、筋肉量を維持しやすくしてくれるため、脂肪の燃焼量が多くなります。

 

その6
アンチエイジング

人間は30歳を境に何もしなければ筋肉はどんどん落ちていきます。
これをBCAAは防ぐ作用があります。
つまり先ほどお話した筋肉量の維持です。

また、マウスに対する実験ではありますが、エサにBCAAを混ぜた群とそうでない群を比較したところ、BCAAを混ぜた群の方がそうでない群よりも12%長く生きたようです。
12%というと、人間で例えるなら、BCAAを摂取しなかった人が80歳でなくなったのなら、摂取した群は約88歳まで生きるということです。

まぁ、そっくりそのまま人間に当てはめることはできないにしても、BCAAに長寿の効果があるのは確かでしょう。

 

その7
神経疲労の軽減

BCAAには中枢神経の疲労を軽減させる作用もある。

アスリートを対象にした実験では、室温の高い環境下でBCAAを摂取した群の方がそうでない群よりも、競技能力に影響を受けなかったとされるものがあります。
人間の体温調節は、自律神経によって調整されています。
その神経の疲労がBCAAによって軽減され、正常に作用することで、そのような結果になったのではないかと予想されます。

 

その8
筋肥大促進

前述してあるテストステロンの濃度を高めることで筋肥大を促進することもさることながら、BCAA自体に筋肉を発達させる作用があります。
BCAAはタンパク質の同化といって、筋肉を合成するのに直接的に関係しています。

ですので、BCAAの摂取によりホルモンからも、そして直接的にも筋肥大を促進させることができるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

BCAAを摂らない理由なんてないと思いませんか?
ここまで説明をしてきて、あなたも分かるように、筋トレにBCAAは必須です。

もしまだ摂取をしていないのならすぐにでも摂取していきましょう。
現在摂取している人は、そのまま継続していきましょう。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP