筋トレにより勃起力が確実上がる科学的根拠5つ

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

勃起力というのは、男として大事ですよね?
勃起なくして子どもを作ることは難しいですから、生物的に本能で関心があるのだとも思います。

そんな勃起力は、筋トレによって向上させることができます。
勃起力が低下している方は、その向上に。
低下していない方でも、より強靭な勃起を起こさせるのが筋トレです。

勃起力が落ちる原因

そもそも、勃起力が低下する原因の一つに男性ホルモンの分泌量の低下があります。
その男性ホルモンの中でもとりわけ影響するのがテストステロンというホルモン。

EDなどは男性の更年期障害の一つに数えられますが、男性の更年期障害の原因は加齢によるテストステロンの減少です。

このテストステロンは、やる気やモチベーションを高めたり、思考を前向きにしてくれたり、そして性欲や性機能を司っています。
このテストステロンの濃度が濃い人ほど、アグレッシブで快活で、男らしいパワフルな印象を人に与えます。
もちろん、性生活も元気でしょう。

それならば、中高年はテストステロンを上昇させることで、勃起力はもちろん、日常生活にも活力が生まれます。
若者は、十分テストステロンが高いですが、それをされに高めることで陰茎のサイズ向上を叶えることもできるでしょう。

さて、では何故、筋トレはテストステロンを高めるのか。
その理由を5つ説明していきます。

 


筋トレによる直接的な上昇

男女問わず、人間は運動直後にテストステロンが上昇することが様々な研究で分かっています。
その運動の強度が高ければ高いほど、運動直後のテストステロンの上昇は著しくなります。

これは疲労度にも応じて起こることがあり、よく『すごく疲れているのに下半身は元気!』とか、『ヘトヘトの時こそムラムラする』とか感じる人がいるのはこのためです。

そして、このテストステロンの上昇は有酸素運動よりも無酸素運動の方が効果的に引き起こされます。
ご存知の通り、無酸素運動の最たるものは筋トレです。

さらに嬉しいことに、筋トレを習慣にすることで運動直後だけでなく、日常的なテストステロン値も向上することが分かっています。
つまり、体内のテストステロン値の底上げをすることができるのです。

 


筋トレによる食事の改善

筋トレを習慣にすることができれば、自然と食事もタンパク質の多い食事に変化していくことでしょう。
この高タンパク質食が、勃起力に良い影響を及ぼします。

タンパク質自体は、勃起力に影響をしないのですが、タンパク質の含有量の多い食材によく含まれているアルギニンが勃起力向上に大いに役立ちます。
アルギニンはアミノ酸の一種で、子どもと40代以降の人は体内で十分に生成ができないために外から摂取する必要のある準必須アミノ酸です。

このアルギニンの主な作用は成長ホルモンの分泌増加や、免疫力向上などがありますが、特に注目すべきは血管拡張作用です。
体内でアルギニンは一酸化窒素の生成をするため、その一酸化窒素が血管を押し広げます。

すると血流が促進され、その状態で筋トレをすれば筋肉がとても張りやすくなりますし、静的に興奮すれば性器に集まる血流の増大から勃起力と持続力が向上します。

よく勃起力向上のサプリメントにアルギニンは含まれています。
同じようにシトルリンも含まれていますが、シトルリンが分解されたのがアルギニンです。

ちなみにアルギニン含有量の多い食材をいくつかご紹介しておきます。
ご紹介する順にアルギニン含有量が高いです。

豚肉・その他肉類・大豆・大豆製品・鶏卵・魚介類・ニンニクなど・・

豚肉が全ての食材の中でトップのアルギニン含有量を誇ります。
その他、見てわかるようにタンパク源となる食材が並んでいます。

ですので、筋トレをする人のタンパク質摂取目安となる体重1㎏あたり2gのタンパク質摂取を心がけていけば、必然とアルギニンの摂取が増え、勃起力向上につながります。

 


筋トレによる新陳代謝の活性化

テストステロン値は運動不足によっても引き起こされます。
それを筋トレによって防ぐことができます。

さらに継続的な筋トレ習慣は、テストステロン値の向上だけでなく体内の循環機能も向上することが分かっています。
これは筋トレに限らず有酸素運動などでもそうですが、運動により体内の循環が良くなれば、エネルギー効率が上がるので疲労しにくく、快活な生活を送りやすくなります。

当然、勃起力の向上に影響します。

 


筋トレによる骨盤低筋群の強化

骨盤はかごのような形をしていますが、その底には骨がありません。
そこを埋めているのは筋肉です。

それが骨盤低筋群と呼ばれるもので、性機能や排泄などが主な役割です。

筋トレの王様と呼ばれるスクワットは、この骨盤低筋群の強化をすることができます。
スクワットが強い人は、勃ちも強いなんてことも言われることもあります。
これに関しては、明確な文献はありませんが、理にかなっていると言えるでしょう。

 


筋トレによるメンタルヘルス

筋トレをすることは、うつ病予防になることが分かっています。
筋トレなどの無酸素運動は、辛い運動でもあります。

そのつらさを緩和するために、アドレナリンやドーパミンなどの神経物質が多く分泌されます。
そしてそれらの神経物質は運動が終わっても一定の時間分泌され続けるために、運動は心が安定しやすく、ストレス解消に繋がります。

男性は繊細な生き物です。
ちょっとした心理的影響は、そのまんま勃起に表れます。

ストレスの多い人が健康を害しやすいというのはあまりにも有名でしょう。
勃起力も例外ではありません。

そんな勃起力低下に繋がるストレスの解消に筋トレは役立つのです。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

PAGE TOP