お酒を飲みながら痩せるとしたらコレしかない

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

ダイエットするなら禁酒。
最低でも減酒。
これが今の世の中では常識になりつつあります。

お酒を飲みながら痩せる方法はないのか!

実は僕のクライアントにお酒を我慢しないで、ダイエットを成功させた人は何人もいます。
その方法をご紹介していきます。

まずはアルコールを知ること

アルコールにはカロリーがあって、それは1g=7㎉もあります。
三大栄養素の糖質・たんぱく質・脂質もカロリーがありますが、それぞれ4㎉・4㎉・9㎉です。

これらと比べると、アルコールのカロリーというのは高いと言われる部類に入ることが分かると思います。

けれども、アルコールのカロリーはエンプティーカロリーと呼ばれ、エネルギーはあるけれども栄養素がまったく含まれていないため、体に蓄えられることはありません。
ちなみに体に蓄えられないというのは、体を素通りするわけではなく、他の栄養素を差し置いて優先的に消費されるからです。
その為、体内に蓄えることがないのです。

それならダイエットに良さそうだと思いがちですが、これが落とし穴!

蓄えないけれども、消費をしているということは、その分のエネルギーを吸収して使っているということです。
つまり、アルコール以外で摂ったカロリーはアルコールのカロリー分だけ消費できないことになり、その分が蓄えられてしまいます。

 

つまり結局はオーバーカロリー

勘の良い方ならわかるかと思いますが、アルコールのカロリーがいくら蓄えないからと言っても、摂取カロリーの中に含まれます。
そして一日の消費カロリーよりも合計摂取カロリーが多ければ、オーバーカロリーとなるということです。

オーバーカロリーになれば、当然その分は体内に蓄えられていきます。
この場合、アルコールのカロリーは蓄えられませんから、アルコール以外で摂ったカロリー(栄養素)が蓄えられていくことになります。

また、アルコールを分解するために肝臓がフル回転している状態は、筋肉の発達も遅らせます。
これは、筋肉の発達には肝臓が関わっていることが理由です。
つまり、筋トレをしている方は、一生懸命に頑張ったその効果も減ってしまうということです。

 

蒸留酒以外はエンプティーカロリー意外も入っている

蒸留酒と呼ばれる、成分がアルコールでほぼ構成されている焼酎やウイスキーは、内容物はエンプティーカロリーがほとんど占めているので糖質制限ダイエットに良いとされています。

また蒸留酒はアルコール度数が高い為、大量に飲むことはあまりできないのも一つの理由です。
お酒の強い人は別ですが・・・

日本酒やビールは、アルコール以外にも糖質が多く含まれています。

そのようなお酒はカロリーが高めになり、オーバーカロリーしやすいので注意が必要です。
また、ビールなどはアルコール度数が低いので、ついつい飲み過ぎてしまいがちですので特に注意を。

 

アルコールのカロリーの計算方法

お酒のカロリーを把握する方法があります。

ネットで検索しても出てきますが、やり方を覚えておくのも良いでしょう。

アルコールは1g=7㎉です。
もし、アルコール度数が15%のお酒があれば、それは100㎖中15gのアルコールが含まれていることを意味します。

つまり、15g×7㎉=105㎉になります。

蒸留酒であればこれでおしまい。
その他のお酒だったら、糖質、たんぱく質・脂質の量が分かれば、計算できます。

糖質は1g=4㎉・たんぱく質は1g=4㎉・脂質は1g=9㎉なので、それぞれ含有量分をかけて、先ほどのアルコールのカロリーに足せばOKです。

 

 

それらを踏まえて・・・

ここまでのアルコールに関する知識を踏まえて、それでもアルコールを飲みたいというのであればやることは決まっています。

まずは自分の摂取カロリーを把握することです。
もちろん、アルコールも含めて。

そしてアルコールを最優先するのなら、その他の食事を削っていきます。
一日の摂取カロリーと一日の消費カロリーがほぼ同じのところまで削ることができると、体重の増減はほぼなくなります。

そこからさらに食事を削ります。

そうすると、一日の摂取カロリーよりも一日の消費カロリーの方が多くなるので、体重は減少していきます。

しかし・・・

 

ただ削るだけではダメ!

ただ食事の量を削っていくだけでは、体を壊します。
ですので、食事の量を削りながら、質を高めていきます。

具体的には体重1kgあたり1.5~2gのタンパク質を摂取すること。
ササミ100gで約20gのタンパク質が含まれていますので、60㎏ある人なら、一日ササミを400g程度は食べます。

なぜササミなのか?
ササミは100gでおよそ100㎉です。
ですので400g食べても400㎉ほどにしかなりません。

またプロテインも100gでタンパク質20gの含有、そして100㎉程度のものが多いです。

このような低カロリー高タンパク質の食材を多く取り入れながら、低カロリー食にすることでアルコールをたくさん飲むことができます。

例えば、缶ビールは1つで140㎉です。
一日3缶飲んで、420㎉です。

ササミ400gで約400㎉
ビール3缶で420㎉
合計約800㎉です。

ただ、これだけは不健康すぎるので、おにぎりやチーズなどを加えても良いでしょう。
野菜もいくらか摂取します。
それでも1200~1300㎉は超えないでしょう。

 

まとめ

このように、お酒を飲みながら痩せる方法はあります。

きついと思う人もいるでしょうが、お酒を飲みながらどうしても痩せたいというのであれば、このようにやっていく他ありません。

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP