アルコールと筋トレの上手な付き合い方はコレしかない

こんにちは。
低身長専門パーソナルトレーニング【TP】代表の松塚裕也です。

僕はアルコールに弱い体質ではありますが、日本酒とワインが好きです。
けれども、ビールは飲めません。
味覚が子どもなのかもしれませんね(笑)

そんなアルコールですが、筋トレの効果に悪影響があるというのが一般的な認識です。
なぜ、アルコールは筋肉の発達に良くないのでしょうか。

良いこともあるかもしれない・・・

詳しくアルコールと筋肉の関係について見ていきましょう。

飲酒はストレスホルモンを誘発させる

お酒を飲むことがストレス発散になっている人は少なからずいるでしょうが、アルコールの主成分であるエタノールの摂取は、ストレスホルモンの一種であるコルチゾールというホルモンの分泌を誘発することが分かっています。

このストレスホルモンと嫌な名前を付けられているホルモンは、コルチゾールと言い、脂肪の分解作用があります。

いいじゃん!

って思うじゃないですか?
コルチゾールが分解するのは脂肪だけじゃないんです。
筋肉の分解もしてしまうんです・・・

脂肪燃焼は嬉しいけれど、筋肉が分解されるのは避けたいところですよね・・・
これは筋トレをする人にとって天敵とも言えるかもしれないホルモンですね。

なぜそのようなことが起きるのかというと・・・

 

闘争または逃走の準備

人間はストレスを感じると、臨戦態勢に入る準備をします。
つまり、すぐにでも闘争または逃走できるように準備するわけです。

その為にコルチゾールが一役買っています。
コルチゾールは脂質(体脂肪)やタンパク質(筋肉)を分解して、エネルギー(糖質)を作り出し、さらに血圧を上げることですぐにでも動き出せるように体を準備させようと作用します。

臨戦態勢なんて実生活とかけ離れているように感じると思いますが、人間はヒトであり、生き物であり動物です。
自然界では大事な生き残るためのホルモンです。

そして、ストレス社会で生きる人間はこのホルモンが分泌されやすい環境にいます。
嫌ですね~

このコルチゾールはアルコールにより分泌が促されてしまうので、アルコールの摂取のし過ぎは筋肉量の減少に繋がることになります。

 

肝臓も筋肥大に関わっている

吸収したタンパク質の代謝は肝臓が担っています。
そしてアルコールの代謝も肝臓が担っています。

これはどういうことが起きるか想像できますか?

筋肉はタンパク質で構成されています。
筋肉が発達するということは、タンパク質で新たに筋細胞を増やして太くするということでもあります。

つまり、アルコールが体の中にある時は、アルコールの分解に肝臓のキャパがほぼ占められてしまいます。
すると、タンパク質の合成に回す肝臓の容量がなくなり、筋肉の回復や発達を十分に行うことができなくなります。
こうなっては、筋肉の発達はしないわけではありませんが、非効率で、成長スピードはかなり遅くなることは間違いありません。

 

筋トレの日は飲まない方が良い

禁酒しなければいけないとは言いません。
お酒も楽しみの一つでしょうから。

それなら、筋トレの日は飲まないようにしましょう。
出来るのならその翌日も。

それをするだけで、筋肉の発達はだいぶ違います。

もっと言えば、筋肉痛があるうちは飲まない!
これが良いのですが、そうすると筋トレを週三以上やっている人は、たいてい毎日どこか知ら筋肉痛でしょうから禁酒しざるを得なくなってしまうので、最低でも筋トレ日は飲まないようにした方が良いでしょう。

カッコいい体になりたいのなら!!!

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP