ホエイタンパクと大豆タンパクはどっちを摂った方がいいのか

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

あなたはタンパク質を摂取するときに、その質についてこだわってますか?
特に、タンパク質は動物性のものと植物性のものではまったく違うものなので、注意が必要です。

今回はその動物性と植物性の違いと、どっちを摂った方が良いのかについて話していきます。

タンパク質には種類がある

タンパク質というのは、それだけで数多く種類があるのですが、それらを大きく分けて動物性タンパク質植物性タンパク質に分けることができます。

これらの違いは、読んで字のごとく動物由来のタンパク質か、植物由来のタンパク質かというものです。
どういうことかというと、肉、魚、卵、乳などの動物から摂れるものが動物性タンパク質です。
反対に、大豆や米などの植物に含まれているのが植物性のタンパク質です。

この2種類が一緒になって含まれていることはありません。

あるとすれば、人間による調理されたものや加工品のみでしょう。

 

どっちがいいの?

良質なタンパク質かどうかを判断するものに、プロテインスコアやアミノ酸スコアというものがあります。
これは必須アミノ酸がバランスよく含まれているかという指標になります。

必須アミノ酸が全て一定量以上含まれているものほど、良質なタンパク質と言えます。

必須アミノ酸というのは全部で9種類あります。
※フェニルアラニン・ロイシン・バリン・イソロイシン・スレオニン・ヒスチジン・トリプトファン・リジン・メチオニン

この9種類が全て一定量含まれていれば、スコアは100になります。
ちなみに最高点が100です。

動物性タンパク質と植物性タンパク質をこれらの基準に照らし合わせて調べると、動物性は90~100なのに対し、植物性は50~70ほどしかありません。
アミノ酸スコアでは動物性の方が優れているのが分かります。

また、必須アミノ酸やタンパク質の代謝に必要なビタミンB群も動物性の方が多く含まれており、わざわざ植物性のタンパク質をとることはボディメイクをする上では非効率です。

 

吸収率の違い

動物性タンパク質と植物性タンパク質はその消化吸収にかかる時間も違います。

牛は胃袋を4つ持ち、腸もすごく長いことは知ってますか?
逆にライオンは胃は一つ、腸はすごく短いです。

これは肉食と草食の違いです。

草食動物はあの大きな肉体を、草などの植物からタンパク質を摂取して維持しています。
草からタンパク質を吸収するには、それだけ多くの工程を踏みながら消化しないと、細かく分解できず、タンパク質を吸収することができないのです。

だから牛はあれだけ胃の数があり、腸が長いのです。

反対に動物を消化吸収することは簡単です。
あっという間に消化できます。

だからライオンの腸は短いのです。

人間が良くだべる大豆は、草ほどたんぱく質を取り出すのは難しくないにしろ、タンパク質の取り出しにくさには同じ傾向があります。
つまり、人間の体では肉などに比べて消化に時間がかかり、そして含まれているタンパク質を取り出し切ることができません。

たとえタンパク質100g分の大豆を摂取しても、吸収できているのはそのうちの70%程度と言われています。

 

植物性タンパク質どこがいいの?

必須アミノ酸の含有量は悪く、消化吸収率も悪い植物性タンパク質にいいところはないと僕は思っています。

というか断言します。

いいところないです!

ただ、最近は改良が進み、プロテインなどでは大豆由来のものでもアミノ酸スコアを100にするように手を加えている製品もありますし、消化吸収しやすいように工夫している製品もあります。

ただ、その分高価だったり、味が悪かったりします。

プロテインに関しても、乳からできているホエイプロテインは安価でアミン酸スコアも100のものが圧倒的に多く、その中でもアミノ酸の含有量を多くしたり工夫をしているプロテインが広まってきている中、大豆由来のソイプロテインなどの植物性のタンパク質の摂取をするのに意味があるのかどうか・・・・

食物アレルギーというのなら話は分かりますがね・・・

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP