ウォーキングは室内でやる方が脂肪燃焼効果が高いワケ

こんにちは。
TOP PRIORITY代表の松塚裕也です。

ウォーキングはなんていったって、何処でもできます。
旅先でも、どこでも。

雨が降っているなら、ジムのトレッドミルなどのウォーキングが室内でできます。

そんなウォーキングですが、外でやるよりも室内でやった方が脂肪燃焼が促進されることがあります。

なぜなら・・・

こんな研究結果がある

ロンドンで60歳以上の成人119名が外でのウォーキングを2時間行ったところ、ウォーキングにより起こる一般的な血流の上昇が非常に少なかったという研究結果があります。
この原因は、ウォーキングを行った通りがイギリスの中でも車の交通量の非常に多い通りで、その車の排気ガスによる大気汚染であることが分かっています。

この研究チームの教授はこう言っています。

『交通量の多い通りでは、ウォーキングによる健康へのメリットが交通公害によるリスクに勝るとは限らない』
『人間の体は、車でごった返した通りの現在の大気汚染レベルに実際のところ耐えられない』

 

つまり・・・

都市部が生活圏の人や、自分の行動範囲に交通量の多い通りがある場合、そこで有酸素運動しても本来の効果を得ることはできないということです。

大気汚染が懸念される地域に住んでいる人は、おとなしくトレッドミルなどのジムの有酸素運動マシーンで汗を流した方が良いでしょう。
それか、自宅用のホームマシーンを購入して設置するのも良いと思います。

ちなみに、有酸素運動の脂肪燃焼効果を最大化するには、心拍数が鍵です⇓
【有酸素運動のダイエット効果を最大にするのに必要なコト】

 

室内にもデメリットはある

ただ、室内にもデメリットはあります。
それは飽きです。

ず~と同じ景色のまま走り続けるって何にも面白くないですよね?
僕は苦手です。

面白くなかったり、楽しくないと人間はなかなか継続していくことが難しい生き物です。

まったくやらなくなるのであれば、まだ大気汚染の中走っていた方がマシです。
逆にずっと同じ景色の方が頑張れる!
という人でしたら、室内での有酸素運動にデメリットはないでしょうから、どんどん室内でやってください。

 

デメリット改善策

外で走りたい。外で動きたい。
外の方が気持ち良いということでしたら、やはり緑の多い道か、公園などでウォーキング、ジョギングするのが良いでしょう。

僕としては、公園の中で走るのが心身ともに一番健康に良いのではないかと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ウォーキングに限らずジョギングを日課としている人で、交通量の多いところを通っている人は多いと思います。
出来る限り、緑の多いところを通ることをおススメします。

ボディメイク頑張ってください!

限定無料特典!

男性165㎝以下女性155㎝以下の方なら・・・

友だち登録すれば!!

★僕と1対1でラインができます。
ダイエット・ボディメイクに関することなら何でも質問に答えますよ。
さらに!
ボディメイク情報配信!
低身長向けイベント情報配信!
お得なキャンペーンの先行配信!

さぁ、低身長でも羨ましがられるモテボディへ!

友だち追加

★低身長向けボディメイクトレーニングが無料で体験できます!

PAGE TOP